読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

見えないからこそ、お相手を想って

f:id:superior-magokoro:20170223222209j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

さて2月も下旬になりました。今月は28日しかないので、やっぱり短く感じるのはワタクシだけでしょうか?? 日中は暖かく感じる日も少しずつ増えてまいりましたね。「三寒四温」などといわれるこの季節、昼の暖かさに油断すると、夜の寒さにやられてしまうことがありますから、お洋服の調節をこまめにしてくださいね!

春ももう少し、がんばってまいりましょう!


【ご相談がありました】

さて、今日は以前の投稿の振り返りから始めてみたいと想います。
以前にこんな記事を書かせていただきました。

このなかで「2.メールは丁寧に」というくだりがありました。いまではメールに限らずいろいろなコミュニケーションツールが発達し、ツイッターやフェイスブックなんかはかなり定番となりつつありますよね。(宣伝になりますけど、楽天グループのこちらのサービスをぜひ使ってみてくださいね! オーネットでは社内連絡でも活用していますよ!!)

それ以外にも本当にいろんなサービスやツールが次から次へと登場してきています。でもその分(?)実際のコミュニケーションがむずかしくなっているところもあります。「炎上」なんて言葉をふつうに聞くようになったのもここ数年かと思います。

先日、ある女性会員さまからこのSNSについてのご相談を受けました。男性会員さまとお会いになったあとのやり取りで少し戸惑っていらっしゃるとのこと。男性会員さまのほうがちょっと積極的すぎるというか、それに対して女性会員様のお気持ちが追いついていかない感じ……。

これが実際に顔を合わせてのお話ならば、やり取りがあることでいろいろと理解も深まるのでしょうが、それがSNSの文字だけだと、真意がイマイチ伝わりづらいこともあったりするんですね。女性会員さまはいろいろとお考えになられたうえで、今回はお相手男性に「ごめんなさい」をすることを選択されました。

このお話をお聞きしてナカノはあらためて強く感じました。「やっぱり直接お会いしない文字のやり取りには特有のむずかしさがあるなー」と。


【あえて失敗例を】

パートナー探しをおこなううえで、「コミュニケーション」が大事なことは当ブログでもたびたび取り上げてまいりました(これとか)。お互いの想いをスムーズにお伝えし、それを積み重ねていくことが、おふたりでおめでたくご退会、というゴールにつながっていきます。ご紹介しているカップルのみなさまのストーリーでも、おふたりで交わした言葉がその想いを強めていくことをお感じいただけるかと思います。

直接のやり取りであれば、お相手の反応を見ながら会話ができますからスムーズなわけですが、メールやSNSはそこがむずかしい。昔の紙のお手紙であれば手間がかかる分「推敲」しながら文章を書くことができますが、パソコンやスマホの普及により、書く(というか「打つ」のほうが正しい表現ですね)ことがどんどん気軽にできるようになってきていますから、筆が滑る(「指」が滑る)ということになりがちです。

あえてよくない例をご紹介いたしますが、たとえば深夜早朝のご連絡などはよく聞く例です。お相手とご本人の「生活リズム」は必ずしも一緒ではありませんし、お相手が携帯電話を「マナーモード」にしているとは限らないです。そんななかでちょっと時間が遅すぎたり、早すぎたりするメールなどは、あまり良い印象を与えないように思います。

また文章の内容もそうです。いきなり妙に砕けた文体だったり、逆に丁寧すぎることで慇懃無礼な印象を与えてしまうことなども……。ご自身には悪意がないからこそ、むずかしい部分があったりするわけですよね……。


【とにかく「お相手スタンダード」で!】

大切なのは、とにかく「受け手側がどう感じるか?」を常に意識しながら、メールやSNSを使うことだと思います。大事なのは直接お会いしたときですから、メールやSNSは補助的に使うぐらいの感覚で、あまり余計なことをお話しないくらいに考えておいていいと思います。そしてまずは直接会ってみる。一度顔を合わせれば、メールやSNSのやり取りも少しこなれてくるでしょうから、焦らないこと。むずかしいことは分かっています、かくいうナカノもどちらかというと「前のめり系」ですから(笑)。

我慢するのはツライー! とはやる気持ちをグッとこらえて、メールやSNSではご自身をクールなくらいに演じてみるレベルでちょうどいいかもしれません。実際にお会いしたときに、実物との「ギャップ」がポジティブな意味での驚きを与えてくれるはずですよー!

最終的なゴールは「パートナーを見つけること」。そこに向かって、ひとつずつ積み木を積み上げるように、コミュニケーションを重ねながら活動をしていきましょう。「なかなかむずかしいもんだなあ……」とお感じの方はご安心ください! アドバイザーがしっかりとあなたをサポートさせていただきます。ぜひご相談くださいねー!


それでは、明日のあなたの頭の上に、春を先取りする梅の花が可憐に咲いていますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------

【幸せカップルのご紹介】会ってみたら、あら、ステキ!!

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

節分にバレンタインデーといったメインイベントも終わり、2月も後半に差し掛かると、春と冬が行ったり来たりするような気候になってまいります。「春一番」から少し暖かな風が吹いたりして、少し砂埃が気になったりもする季節です。

先日食料品を買いに出かけましたら、「菜の花」や「ふきのとう」が青果店の店頭に並んでいまして、こういうのは春の訪れをひしひしと感じさせますねー。

でもまだ寒い日が続きますから、油断せずに暖を取りながらお過ごしくださいね!


【今週もおめでたい!】

さて、今日も先週に引き続いてのカップル紹介です(ありがたやー!)。
まずはおふたりのプロフィールから。

男性会員 M様 58歳 (以下M彦さん) 
女性会員 N様 52歳 (以下N子さん)

おふたりは紹介書を通じて出会われたんですが、ちょっとスムーズにはいかなかったようで……。そのあたりの話も含めて、以前にも登場しましたカリスマイケメンアドバイザー(←クドイ)、ミスターヤマナカにレポートしてもらいましょー。

では、ここからはヤマナカにバトンタッチさせていただきますね!


【やっぱり男前がいいの!】

皆さまおひさしぶりです、銀座支社スーペリアを担当しているヤマナカでございます。えーと、何度目の登場になるかすっかり忘れてしまいましたが(笑)、幸せなおふたりのご報告をさせていただきますね!


今回のカップルは、N子さんを私が担当しておりまして、ご入会当初からいろいろと相談を受けておりました。ですので、まずはN子さんのお話から始めるとしましょう。

N子さん「2016年も終わりに近いころ、最初にスーペリアに入会する時に、ヤマナカさんに希望条件を伝えたんです。それは『食事の趣味が合って、気遣いができる、スマートな男性とデートしたい。だから、容姿第一でお願いしまーす!』って(笑)」

イヤー、ハッキリ言われたから覚えてますよー。アドバイザーからすれば「そりゃそれに越したことはないけど……」って(笑)。N子さんとはそんなふうにサポートをスタートしたのでした。


【乗り気じゃないんです……】

そんなN子さんが初めて紹介書を受け取ったのが2016年12月。そこにM彦さんが入っていたわけですが、ところがどーも、写真を見た彼女はタイプではなかったようで……。

N子さん「お相手の男性(M彦さん)から『お話しましょう』のお申し込みがあって、私は翌日「OK」の返事をすぐしたんです。でも、でもですね、どうも写真を見る限りではタイプじゃなくて、メールではやり取りしていたんですが、実際に会おうという気にならなかったんですよねえ……」

そうなんです。N子さん、OKはしたものの、なかなかM彦さんにお会いされなくてですねえ……。お電話で確認してみると、どうにもあまり乗り気じゃなかったんです。

N子さん「ヤマナカさんからは『まあいいからまずは会ってみてください。素敵な出会いになるかもしれませんよ!』って、何度もしつこく言われました(笑)」

そのときのM彦さんの心境やいかに??

M彦さん「N子さんから『年末年始は仕事で忙しいので、ちょっと今すぐは無理ですね』という返事が来ました。『こりゃー、やんわりとしたお断りなのかなー』とちょっとがっかりしましたね……。でも、それでもあきらめずに『この日はどうでしょうか?』と、半ば強引に設定してN子さんをお誘いしたんですよ」


【実物の方が!!】

結局なんやかんやでおふたりが初めてお会いしたのは、年が明けた2017年1月。紹介書でお互いにOKのお申し込みをしてから、すでに1ヵ月が過ぎたころでした。

M彦さん「初めてのデートは2017年1月4日でした。お茶して、その後ランチをしたんですが、お互いに『食べものの好み』や『好きなこと』がとても似ていて、なんとなく最初から打ち解けた雰囲気になったんですよね」

あれだけ会うのを躊躇していたN子さんは??

N子さん「M彦さんと初めてお会いした時、『写真とぜんぜん違ーう!!!』って(笑)。実物の方がはるかに素敵でびっくりしました」

ほーらほら、だから私、言ったじゃないですか、「まずは会ってみてください」って!

それからは堰を切ったように、おふたりは連絡を取り合っていきます。

ちなみに、初めてお会いした日の夜ですけど、N子さんからヤマナカ宛にこんなメッセージが来たんですよ~。

『M彦さんとお会いしました。とても好きになりました。会ってみなさいとプッシュしていただきありがとうございます!
PS:他の方を見る気がしないんですが……』

あんなに乗り気じゃなかったのに、会ってみたらこれです(笑)。やっぱり実際にお会いしてみるってのは大事なんだなーと、あらためて実感した私なのでした。

M彦さん「翌週には横浜へドライブデートへ。ええ、とっても楽しかったですよ!」


【空を見て、笑いあって】

おふたりともご両親と同居されていることもあり、おふたりでの生活はちょっと時間がかかりそうです。こういう時はお互い焦らず、じっくりと進めていくのが吉! なんですよ。

M彦さん「お互いの環境のため、今すぐ一緒に住むことができません。ただ、こんな素敵な方はいないので、けじめもありこれを購入しました」

お話をされながらM彦さんがうれしそうに見せてくれたのは「婚約指輪」! 素敵に輝いておりましたよー。

お会いになるまでには時間がかかりながらも、そのあとはトントン拍子のおふたり。最後におふたりから今のお気持ちを聞かせていただきました。

N子さん「顔立ちはワイルドなM彦さんですが(笑)、話すとハスキーな声でかわいい感じがします。買い物を嫌な顔せずに付き合ってくれたり、ご両親をとても大切にされていらっしゃって、食事の用意をされたり。そういうのってなかなかできないことで、そんなやさしさも好きなった理由でした。これからもふたりで歩んで行きたいと思います」

M彦さん「これまでの活動では、『親と同居している』と話すだけで女性から『ごめんなさい』されることもありました。もうだめかなーと思ったこともありましたが、N子さんという、同じ境遇、状況を理解してくれる方と出会うことができました。食べ物の好みが似てたり、空を眺めて「きれいだねー」なんて笑いあったり、一緒にいて心穏やかになれることが本当にうれしいです。ありがとうございました」

おふたりの幸せは「とにかくまずは会ってみよう」という少しの勇気がもたらしてくれたもの。あのときしつこくプッシュしてよかったなー! と、その大事さをアドバイザーとしてあらためて感じました。これからもずっとお幸せに!!

f:id:superior-magokoro:20170216212344j:plain

 

* * *


サンキュー、ミスターヤマナカ! そうですよね、やっぱりお会いしないと始まらないですよね。その「当たり前のこと」を実感させてくれる、素敵なおふたりでしたねえ。

そうそう、名古屋支社でもサービスがスタートしてから約半年、こちらでもカップルが次々誕生してきてまして、現在インタビューをセッティングすべく鋭意準備中。こちらからも幸せをお届けしますよお!


それでは、明日のあなたの頬を、春一番の風がさわやかに撫でていきますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------

【幸せカップルのご紹介】「あぶなっかしい」から「いとおしい」へ

★会員カップル様インタビュー

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

2月に入りすでに「立春」も過ぎ、暦の上ではもう春なんですねえ。寒いながらも、太陽の光がだんだんと明るくなってくるのもこの時期ならではですよね。

そんな春を前に、突然ですがナカノが観たいなーと思っている映画をご紹介しましょう。


沈黙-サイレンス-
ご存知遠藤周作氏の名作『沈黙』を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化。「本不精」のナカノですが、最近原作をあらためて読んで感銘を受けました。その重厚な世界、「人間の強さとは? 信仰とは?」を問いかけるそのテーマ。窪塚洋介さん演じる「キチジロー」も楽しみであります。

え、まじめすぎてナカノらしくない?? フッフッフッ、そう来ると思って、心がホンワカする映画もご紹介しましょー。


恋妻家宮本
スーペリア世代の女性はもちろん、男性にも人気の、阿部寛さん主演の映画。妻が隠し持っていた「離婚届」を見つけたところからスタートする物語。この世代の「恋愛」、「夫婦のあり方」とは? これからパートナーさがしをされる皆さまがご覧になっても、きっと楽しんでいただけるはず!

ということで、そんな映画へ一緒に行けるようなお相手を見つけたい! という皆さま、ぜひスーペリアへお問い合わせを!


【ナカノが担当でした!】

さてさて本題ですが、本日は幸せカップルのご紹介です。ご紹介させていただく男性会員さまは、ナカノが東京にいたときに担当させていただいてたんですねー。そして、いつにも増して今回のご退会がうれしい理由もあるのデス。そのあたりは順を追ってお話ししますね。

今回インタビューを担当したのは、銀座支社の「癒しの女性アドバイザー」マツモトでございます。では、マツモトさん、よろしくお願いしますー!

* * *

銀座支社のマツモトでございます。とっても幸せそうにご来社したおふたりのうれしい声をご紹介いたします。まずはご紹介から。

男性会員 J様 61歳 (以下J次さん) 
女性会員 K様 54歳 (以下K子さん)

おふたりは昨年12月に開催されたイベント「クリスマスパーティー! in 銀座」で出会われました。


【心配のあまり、つい】

まずはJ次さんの当日の振り返りからお話を始めましょう。

J次さん「イベントでは、K子さんがお酒をけっこうたくさん飲んでいて、ご機嫌で明るくお話して盛り上がっていたんです。でもそれが僕はとても気になっていました。無理して飲んでいるように思えて仕方なかったんですよね。ちょっと心配だなって……」

そのときのK子さん、どんなお気持ちだったのでしょう?

K子さん「イベントへの参加で、実はとっても緊張していて、みなさんとお話する勇気を出すためにお酒の力を借りようとしました。勢いをつけていかないと! って……」

ムム、J次さん、するどい!

そのままおふたりは二次会に参加。その時、J次さんはさすがに心配になって、

J次さん「実はK子さんに『あまり飲みすぎないほうがいい』と注意しちゃったんですよね……」

場合によっては初対面で「なに、この人?」ともなりかねない言葉。でも実は、

K子さん「あ、気にかけてくれているんだ、って、正直ちょっと心が動きました。うれしかったんです」

お酒が取り持つちょっと変わった出会いから、おふたりのストーリーは始まりました。


【思い合える人がいる】

お仕事柄、お互いの休日がなかなか合わないおふたりですが、なんとかスケジュールをやりくりしながらデートにこぎつけたそうです。

最初のデートは横浜。

J次さん「ふたりで会って、『お互いのことを思い合える人がいる』という幸せを強く感じました。K子さんと楽しくお話をしながらふたりでこれからのことを話しました。今までは自分のことに責任を持つのに注力していましたが、これからは彼女も含めた自分の人生をしっかり考えたいと思いましたね」

もともとは「慎重な性格」(J次さん)ということですが、「有言実行」を前提に物事を進めたいということだったのかもしれませんね。

同じ神奈川県内にお住まいのおふたり、その後も横浜でのデートが続いていきます。


【「あぶなっかしい」から「いとおしい」へ】

K子さんはしっかり者で、何でも自分で頑張ってしまうタイプなんだそう。でも最初のパーティーでのエピソードのように本当は

K子さん「心の中では、自分を見守ってくれる男性に甘えたいと思っていました」

J次さんが、まさにその人だったんですねー。

K子さん「メールをしてても、しっかり自分の意見を持っていて、私を励ましたり、時には諌めたり。ふたりの関係も急がずに少しずつ、理解を深めていきました。そんなふうにして、彼の誠実で慎重な人柄に、信頼感を持つようになったんですね」

先日はおふたりで熱海旅行へ。

K子さん「好きな人と一緒だと景色も新鮮に映ります(笑)。熱海梅園が目的でしたが、思いがけず桜に遭遇しました。『熱海桜』という早咲きの桜だそうです。梅と桜と美味しい海の幸を満喫して、とっても幸せな気分を噛みしめました」

f:id:superior-magokoro:20170209124348j:plain


そんなふうにして、ふたりの想いは深まるばかり。

J次さん「彼女の最初の印象は『あぶなっかしい人』でしたが(笑)、ふたりで時間を共にし、お互いの状況を理解していくなかで『いとおしい』になり、今では『かけがえのない人』になりました!」

と、順調に愛を育んでいるご様子です。これからゆっくり慎重に時間をかけながら「婚約」、「結婚」へと進めていきます、とのことです。本当に人柄が表れていますねえ。では最後に、おふたりからのメッセージです。

J次さん「あきらめなければ素敵なお相手に出会えるはずです。一度や二度の失敗でへこまないで、何度でも挑戦してみましょう!」

K子さん「毎月の紹介書イベントも、パートナーを見つけるいいきっかけに必ずなります。
スーペリアはすばらしいところでした。理想をあきらめずに頑張れば、いつか「この人!」という人に出会えます。必ず幸せが待っていますよ」

素敵なメッセージ、ありがとうございます。本当におめでとうございます。ずーっとずーっとお幸せに!

f:id:superior-magokoro:20170209124419j:plain


* * *

マツモトさん、ありがとうございましたー!

実はJ次さん、ご入会されたのが2014年の秋ごろで、ご活動は2年を超えました。私たちも今までたくさんの会員さまをサポートさせていただきましたが、ここまで粘り強く活動されて、見事にパートナーとめぐり会ったお話を聞いて、ナカノは本当にうれしい気持ちでイッパイです!

きっとご活動中にはいろいろな想いがあったことでしょう。マツモトによると、素敵なお相手と一緒にご退会されるJ次さんは本当に頼もしく見えたそうです。私からも申し上げます。おふたり、本当におめでとうございます!


それでは、明日のあなたが見上げた視線の先に、真っ青な冬の空が澄み渡っていますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------

その経験がこれからの歩みを素敵なものにします

シニアの恋愛 十人十色

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

さて、2月に入りました。まだまだ寒い日が続きますが、2月といえばバレンタイン! バレンタインといえばこの方! 彼女も実はスーペリア世代なんですねえ。

そしてもちろん、バレンタインといえばチョコレートですね! ナカノも昔は「チョコレートよ、来いっっ!!」と祈っていたものです。えっ? 結果ですか?? まあ、それは、ねえ……。

ところで、バレンタインデーにチョコレートをプレゼントする習慣っていつからできたのか? と思って、お得意のネット検索をしていましたら、こんなサイトを見つけました。なんと、発祥は1932年! 思っていたよりも昔にルーツがあったんですね。

さらに調べたら、他にも諸説いろいろとあるようです。こういうの、おもしろいですねえ。

そして、最近こんなニュースを見かけました。カカオが健康にいいかもしれないなんて、ちょっといいかもしれないですね!

そんな2017年のバレンタインデー、あなたもスーペリアでチョコレートをプレゼントするお相手を見つけてみませんか?


【ニュース、もう一丁!】

さて、この流れでニュースをもうひとつご紹介させていただきましょう。


結婚、26%は再婚 厚労省15年調査 抵抗感薄れる(日本経済新聞)

厚生労働省の調査によるものですが、近年の婚姻に占める「再婚」の比率は一貫して上昇しているんですね。「晩婚化」の傾向と併せて、現代の結婚を特徴づけるものかなーと思いますが、実はこれ、私たちスーペリアの提供するサービスとも密接に関わること。いったんはひとりになってしまったけれど、気持ちもあらたに別のパートナーと新しい人生を歩む。ナカノはとてもすばらしいことだと考えています。


【婚姻歴があるのは不利?】

ではでは、そのあたり、スーペリアではどうなっているんでしょうか?

会員さまの中で「婚姻歴あり」の方は、男性が約70%、女性が約75%と多数派でございます。「離別」と「死別」があるわけですが、どちらの方も一度結婚生活を経験したあと、理由はそれぞれですが「もう一度」という想いでご入会をいただいています。

ご相談に来社されるお客様のなかには、ご自身に婚姻歴がおありの場合、「活動していくうえで、ちょっと不利なのかな……?」とお感じの方もいらっしゃるのですが、いえいえいえいえ、そんなことはまったくございません!!

むしろご結婚経験がある方は、お相手にも同じく「結婚経験がある方のほうがいいなー」とおっしゃるケースも少なくありません。不利どころか、むしろプラスになるケースだってあるわけです。これは「自分と同じ経験をしていることで、気持ちを理解してもらえそう」という心理が働くからのようです。


【同じ経験があればこそ】

「気持ちを理解する」といって必ず思い出すのがこのおふたり。今でもステキなカップルの例として、頻繁にご紹介をさせていただいています。

おふたりとも死別のご経験があり、F美さんはその時に「ああ、私の人生終わったな。あとはオマケの人生を過ごしていくんだなー」と思ったとおっしゃいます。そばでそれを聞いて、深くうなずくE男さん。

こういう気持ちは経験した方でないとわからないものであり、そうした経験やお気持ちを包み隠さずにお話しされたことが、お互いへの「共感」となり、結果的におふたりを繋ぐことになったんですね。


上記の例に限らず、ご来社時の面談では以前のご結婚生活をかなり詳細にお話しいただくケースが多々あるのですが、皆さま、よかったこと、よくなかったこと、過去のご経験を客観的に捉え、「こんな方に出会って、こんな人生を歩みたい」と前向きに進もうとされています。そうしたお話を伺うたび、私たちはできる限りのお手伝いをさせていただき、少しでも早く幸せな気持ちになっていただきたいなーと思うのです。


【大切なのはその気持ち】

というわけで、「再婚率の上昇」から結婚のご経験についてのお話をさせていただきました。もちろん「結婚経験があればOK」といった単純なものでないことは言うまでもありません。

大切なのは、結婚歴があろうがなかろうが、ご自身が生きてこられた人生を客観的に振り返り、現状を踏まえて、これからの人生をどのように歩んでいくのか? その際にパートナーに期待することは? 自分がなすべきことは? そういった気持ちをしっかり持つことなんだと思います。

それができる方は、パートナーに対してやさしくなれるし、お相手からもやさしくしてもらえるように思います。そんな素敵な関係に向けた「再出発」を、スーペリアでは全力で応援したいと思っています。どうしようかな? と迷われている方、ぜひ一度ご相談にいらっしゃってくださいね!


それでは、明日のあなたが通りかかったチョコレート売り場が、たくさんの恋のきっかけになりますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------

恋はココロの宝探し!

シニアの恋愛 十人十色

f:id:superior-magokoro:20170126181832j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

名古屋は寒波到来、報道でご覧になった方も多かったと思いますが、先週は雪も積もりました。ちょうど東京に戻る機会があったのですが、東海道新幹線も雪の影響で遅れが出ていました(冬は関ヶ原のあたりで降るんですよねー。まさに天下分け目??)。

まさに冬本番といったところですが、確実に日は長くなってきていますね。そんなところから春の訪れをほんの少しだけ想像してみたりしていますが、まーだまだ寒い日が続きますから、くれぐれも風邪には注意してお過ごしください(すでに引かれてしまった方は、早期の回復を願っておりますー)。

ところでワタクシ、この前ですね、久しぶりに「回らない」お寿司屋さんに行ってきました。店内の写真撮影がNGだったため、雰囲気をお伝えできないのが大変残念なんですが、とても歴史を感じるお店で、ひと手間加えたネタがとても美味しい、素敵なお店でした。

でもでも、ふだんではやっぱり「回る」お寿司の方が利用頻度がまったくもって高いんですねー(笑)。回転寿司業界も今は低価格路線から比較的高級なネタを提供するお店まで業態も幅広く、すっかり市民権を得たように思います。そのときのおサイフ事情や、誰と行くかによって、お店を選べるいい時代になりました。

さてさて、ここから「パートナー探しに役に立つお店選び」を書こうかと思いましたが、実は以前にもうバッチリ書いておりました(テヘッ)。「食べること」私たちが生きるうえで欠かすことのできないものですから、とっても大事なものであることは間違いありませんよねえ。


【めずらしい形態なんだそうです】

このあたりから徐々に本題に入ってまいりましょう。お寿司といえば、カウンターで職人さんと楽しい会話もしながら、新鮮なネタをいただく。カップルでデートするのにも外せない料理です。世界でも"Sushi"としてたくさんのお店がありますよね。おそらく世界の中で一番有名な日本食なのではないでしょうか?

そしてお寿司屋さんで特徴的なのが、元祖「オープンキッチン」のような店舗のスタイル。職人さんとの会話も楽しめるこのような形態は世界的にもめずらしいスタイルなんだとか(すみません、このあたりはワタクシが知らないだけかもしれないので、ご存知の方はぜひ教えてください~)。もしかしたらインパクトあるそのスタイルのユニークさが、世界に"Sushi"が広まったひとつの要因だったかもしれませんねー。

「お寿司屋さん=カウンター」というくらい、イメージが定着していると思います。こういう「頭の中に残る特徴・個性」というものは大切ですよね。これはパートナー探しでも同じです(←出た―、無理矢理ー!)。


【「ふつうの人」がいいです、と言いますが】

スーペリアをご検討されている方がご相談に来社された際、私たちは「スーペリアの活動を通じて、どんな方と出会いたいですか?」とご質問させていただきます。するとよく耳にするのが「ふつうの人がいいんですー」というもの。実はこれがかなーりむずかしいのよねえ……。

ひとことで「ふつう」とはいっても、皆さんその尺度が人それぞれ異なるわけです。だから実際には、その方がどんな「ふつう」をイメージされているのかを紐解くべく、いろいろと質問をさせていただいたりするわけです。そうすることで見えてくる、その方にとっての「ふつう」のお考え。人それぞれいろんな「個性」を求めていらっしゃることが分かってくるんですね。

それと、最初は漠然と「ふつうの人」と思っていても、こういう質問と答えのやり取りをしているうちに、だんだんと自分の中の気持ちが整理されてきて、

「あ、なるほどー、私は本当はこういう方と出会いたいんだわ!」

というのに気がついていただけたりするんです。

これ、けっこう重要で、「やっぱり相談してみてよかった!」なんて言っていただけたりすると、こちらもアドバイザー冥利に尽きるというものです(ウンウン)。

「こういう方」というのは、「一緒にいて楽しい方」もよし、「落ち着ける方」もよし、「刺激に満ち溢れている方」でもよし、とまさにいろいろです。でもやっぱり皆さんの心の中に響く"Something"がお相手にあることがとっても大切。これがご縁を実現するカギになります。


【何がよかったんですか?】

私たちが当ブログでご紹介している「カップルインタビュー」でも、必ず出てきます、「お相手の何に惹かれましたか?」ってお話。皆さんさまざまなわけでございます。

こういうものって言葉にしづらい部分も多々あるかと思いますが、皆さん一生懸命言葉にしてインタビューに答えてくださいます(ありがたやー!)。「やさしくて笑顔が素敵」、「いつも元気をもらえる」と褒めあうこのおふたりこちらは「手に温かみがある」なんて素敵なことをおっしゃっていた男性会員さま。どの言葉もお相手が持っている個性=宝物をうまく見つけ出したからこそのお言葉なんですね。

おふたりが惹かれあうというのは、お互いが持っているそうした宝物に気がついて、それに魅力を感じていく。そんなふうに始まって、深まっていくものだと思うのです。

みなさまが「ピン」と来るような、そんな宝物をお持ちのお相手候補をご紹介すべく、私たちも努力しております。年も明けて2月も近づいてまいりました。「年が明けたら……」なんて思いながら、まだ行動に移せていない方、今がチャンスです! ぜひスーペリアお問い合わせをしてみてください。そして皆さんがお持ちの宝物をぜひ私たちにお聞かせくださいませ。


それでは、明日のあなたがふと目にした雪だるまが、あなたに微笑みかけてくれますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
https://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------