中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

真心ナカノの活動相談室(活動初歩篇)

f:id:superior-magokoro:20140818173759j:plain

 

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、
オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

 

本日は以前に掲載した、「アドバイザーサポート」に関連して、
私たちが常日頃、会員様からご相談いただく代表的なご質問を
いくつかご紹介します。

 

そして、そのご質問にナカノはどんなアドバイスをしているのか?
さながら「バーチャル活動相談室」として進めていきましょう!
ではではスタートです!

 

まずは「活動初歩篇」ということで、活動当初によくあるご相談の
代表的なものを集めてみました。

 

 


【初歩的だけど意外とむずかしい】

 

Q:紹介書の申込にOKの返事が来て、お相手の連絡先が
  表示されました。この先はどうしたらいいの??

 

A:みなさんのなかには「そんな初歩的な!」と感じる方も
  いらっしゃるかもしれませんが、いざ考えると意外と
  悩むかもしれませんね。なにしろ大切な「一歩目」ですから!

 

  紹介書の連絡先が表示された場合、私たちはとにかく
  「まずは会ってお話しをする」ことを強くお勧めしています。

 

  ただ、いきなり電話がかかってくると、少し戸惑ってしまう方も
  いらっしゃるので、まずはメールで簡単なご挨拶をしたうえで、
  お会いしたい旨をお伝えするのがスマートだと思います。
  

  例えばこんな感じでいかがでしょうか。


  「はじめまして、スーペリアの紹介書でOKをいただいた
  ナカノと申します。今回はOKの返事をいただきまして
  ありがとうございました。

 

  さっそくではありますが、一度○○さまとお目にかかって
  お話しができないかと考えております。ぜひご検討
  いただければと思います。
  もしよろしければ、いくつか候補日時を頂戴できますと
  幸いです(私は土日であれば比較的時間が合わせられます)。

 

  お住まいはどちらですか?ナカノは東京都××区です。
  もちろん○○さんの出やすいところへ参りますので、
  ご希望をおっしゃってくださいね」

 


  イメージは爽やかに、用件は簡潔に。メールの「絵文字」などは
  最初は控えたほうがいいかもしれませんね(とくに男性は)。

 


【情熱があればすべてが開ける??】

 

Q:ようやく先日、紹介書の方とお会いできました。
  お会いした際、お相手はとっても好印象。これは! と思い、
  「一緒に住むこと前提に今後について真剣に考えて欲しい」と
  素直にお伝えしました。彼女にその思いは伝わったはずです!

 

A:ウッ、お会いして1回目でそこまで言ってしまいましたか……。
  男性会員によくありがちなケースですね。残念ながらこのケースは
  失敗に終わることが多いのです……。

 

  いきなり「一緒に住む」とは、さすがにちょっと早すぎるとは
  思いませんか? お相手がどのようなお考えをお持ちで、
  この先どのような将来像を描いているかについて、ちゃんと
  お聞きになりましたか?

 

  お互い、長い人生を歩んだ大人です。お相手の方を取り巻く
  環境や、お気持ちも本当にさまざまなわけです。
  そこを抜きにして、一足飛びにご自身のご希望をぶつけたと
  しても、お相手の気持ちが尊重されていない以上、独りよがりに
  なってしまいがちです。

 

  とにかくまずは、ご自身のことを少しずつ知ってもらえるように、
  お相手の活動状況やお気持ちなどをお聞きになったうえで、
  ご自身のご紹介をお話しする形で、順序よくコミュニケーションを
  進めるように心がけましょう。

 

  焦りは禁物! お会いする回を重ねれば、自然と相互理解は
  深まっていきます。

 


【二股、かけてもいーんです!】

 

Q:紹介書で今月2名の方をご紹介いただきました。どちらも
  素敵な方だと思うのですが、まずはより好印象の方だけに
  申し込みをしたいと思います。私自身の気持ちとして「二股」を
  かけるのはイヤなので、最初の方との進展を見てから、
  もうひとりの方に申し込むかどうか決めたいと思います。

 

A:ふ、二股ですか。そこまで深刻に考えなくても……。
  スーペリアは、まずはいろいろな方とお会いして、
  そのなかから最良のお相手を見つけていく仕組みですので、
  むしろどんどん同時に申し込みをしていただきたいのです。

 

  ひとりの方との進展を見てから次の方へ申し込み、だと、
  申し込み自体が遅くなってしまいます。紹介書発行のタイミングは
  お互いに分かっているわけですから、遅く申し込む方が、
  逆に印象が悪くなる場合さえあります。

 

  お相手の方だって、複数のご紹介を受けています。
  お会いするのはあなただけではないかもしれません。
  あまり気負わずに、積極的に申し込みをして、お会いして
  お話しする。そのなかからいい出会いが生まれると、ナカノは
  思っていますよ。

 


いかがでしたか? 次回も「真心ナカノ相談室」をもう少し続けて
みたいと思います。ぜひお付き合いくださいね!

 


それでは、明日のあなたが乗ったエレベーターが、ノンストップで
目的の階まで行きますように。
中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、
オーネット スーペリアの真心ナカノでした。