読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

カップルの数だけある「パートナーとのかたち」(その2)

シニアの恋愛 十人十色

f:id:superior-magokoro:20140911191059j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

今回も引き続き「パートナーとのかたち」についてお話していきますね。


【やはりお相手があってこそ】

「実は私、すぐに結婚を考えているわけではないのですが……」
たくさんいただく、このご相談。

もちろんそうですよね。結婚をそんなに簡単に決められるわけがありません(笑)。

このご相談、ナカノはその方のお気持ちを深く知るべく、お話しを進めていきます。とくに気にしているのは

① いろいろなご事情があり、今のところは結婚する気持ちがないのか?

それとも

② 具体的なお相手とお知り合いになって、その先に結婚するかどうかについては、お付き合いのなかでお相手と相談していきたいのか?

というところです。

念のため申し上げますと、スーペリアでは①の方も②の方も、もちろんご入会いただけます。

しかしながら、実際にお話しを聞いてみると、②の方のほうが圧倒的に多い! というのがナカノの実感です。


もう少しわかりやすく言うと、

「もちろんいいお相手がいれば、結婚だって考えたいさあ。でも今はまだ『さあ、これからお相手を探すぞ!』という段階なわけで、そのためにはクリアしなきゃいけないハードルもいろいろとあるし、それは今後お会いするお相手にもきっとたくさんあるはずじゃない。だから、すぐに結婚! っていう現実味が感じられないんだよねえ」

とお考えの方が多いんじゃないかってことなんです。

いいお相手が見つかって、その先ふたりで一歩ずつ階段を昇っていく。その歩みのスピードだって、出会ってみないとわからないわけですよね。

だからこそ、

「パートナーとのかたち」は、お相手しだい!

ということでいいんじゃないか、と思います。ナカノは普段、そういったお話しをさせていただきながら

「そうですよね。具体的なお相手をこれから見つけていこうというこのタイミングで、結婚についてどう考えているか? と言われてもなかなかそこまでイメージできないという方がほとんどなんです。

だから、まずはいい方とお会いできるようにしっかりと活動して、特定の気になる方ができてきたら、少しずつお互いの将来像についてお話し合いをされたらいいと思いますよー」

とアドバイスさせていただいています。


【お相手とお話しを進めてみて】

活動が進んで、お相手の方とのお付き合いも進んでくると、自然とお互いの「将来像」を意識したお話しも出てきます。

実際にはその部分で折り合いがつかず、残念ながら「ごめんなさい」となって交際が終了するケースも、もちろんあります(涙)。

逆に、その部分でおふたりの気持ちがピタッとくれば、いよいよ揃ってのご退会! という嬉しい瞬間にグッと近づくことになります。


具体例をひとつご紹介しましょう。男性会員A様(50代後半)と、女性会員B様(50代前半)のケースです。

できれば結婚相手を見つけたい、と思っていらっしゃったA様。まずは気の合うお相手を、と活発にご活動されてるなかでお知り合いになったのがB様でした。

しかしながらB様は、あと何年かで独立されるご予定のお子様と同居をされており、しばらくはそのかたちを続けたいとのこと。

そのようなわけで、すぐに「結婚する」あるいは「一緒に生活する」というのはちょっと考えづらい状況でした。

そのことをキチンと理解されたA様。B様としっかりお話しをされたうえで、当面はお互いに別々の生活をしながら、交際を続けていくことを選択され、めでたくおふたり揃ってのご退会となりました。

もちろん、ゆくゆくは「結婚」ということも、おふたりの視野には入っていらっしゃるようです。


【まずはご相談ください】

スーペリアではこのように、さまざまな状況やお考えの会員様が在籍しています。

「私のこんな考えじゃ、入会はむずかしいかな?」

なんて思わず、まずはご来社してアドバイザーにぜひご相談ください! そして、お気持ちにあった「パートナー探し」のための、最適な方法を一緒に考えていきましょう。

きっと素敵な出会いと、ふたりだけのかけがえのない「パートナーとのかたち」が待っていますよ!


それでは、明日のあなたが「読書の秋!」と思えるような素敵な一冊と出会えますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、オーネット スーペリアの真心ナカノでした。