読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

お相手への「希望条件」ってなんでしょう?(その2)

f:id:superior-magokoro:20141016194034j:plain


中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

前回に引き続き、「どのような会員様が在籍しているのか?」について、お話しをしていきますね。


スーペリアの「優しい会員比率」は何%??】

前回は会員様全体の構成についてご紹介をさせていただきました。

でも、ご来社されたみなさまとお話しを進めていくと、実はお相手に対する「希望条件」があまり明確になっていない方もけっこういらっしゃるんです。

もちろん「年齢は5歳年上まで、年収1000万円以上、身長は175cm以上!」とハッキリおっしゃる方もいらっしゃいますが、そういうケースは圧倒的に少ないです。

じゃあ、どんな希望条件が? というと、「やさしい方」、「誠実な方」、「暖かい方」といった、性格についてのなんとなーくなご希望がとても多いんです。

でも、「いやー、やさしい方はホント多いですよお。なんてったって『優しい会員比率』は82%ですからね!」とは言えないですからね(そんな客観的データがあったら便利ですけれども)。


【希望条件は結果論??】

ですので、そんなときにナカノはこのようにお話しします。

「今は希望条件なんて明確じゃなくても全然いいんです。スーペリアではいろいろな方とお会いいただくことができるので、そうやってお会いするなかで、自然と『いいなー』と思う方が見つかっていくはずです。きっとその方のプロフィールこそが、ご自身にとっての『希望条件』なんですよ(笑)」

つまり、いろいろな方とお会いするなかで、ご自身にとってどのような点が大切なのかが、だんだんとクリアになっていくということなんです。

「ああ、私にとっては単なる年齢よりも、気持ちの若さが大事だったんだ!」

とか

「最初は同じ趣味を持っている方がいいかなーと思ったけど、お相手の趣味に新たにトライして、一緒に楽しんでいくのも悪くないなあ」

といったように、活動をとおしてご自身の希望条件に気がついたり、新たな一面に気がついてお気持ちが変わったりしていく方が、実は多いんです。


【「ワタシ、気がついたんです!」】

そんな一例をご紹介したいと思います。

昨年スーペリアにご入会された女性会員のA様。当初はご希望条件の「職業」について、「会社経営」や「自営業」はイヤだとおっしゃっていました。

なんでも、ご自身の親御様および前の夫が事業をされていて、その苦労を目の当たりにし、ご自身も辛い思いをされたから、とのこと。


ところがある日、そのA様からご連絡をいただき、「これからは会社経営や自営業の方とも、積極的にお会いしたいと思います」とおっしゃられるではないですか!

なぜまた急に心変わりしたのかを聞いてみると、きっかけはイベントでたまたまお会いされた男性会員B様でした。

「いい方だなー、またお会いしたいなー」と思われたのですが、そのB様のお仕事は会社経営だったのです。

A様の淡い想いは、残念ながらB様からの「ごめんなさい」で泡と消えてしまいます(どうしてもフィーリングが合わなかったのだそう……)。

A様はもちろんそのことにショックを受けたのですが、すごいのはそこで自分の視野の狭さに気がつかれたところ。

「職業だけでお相手を狭めてしまたら、Bさんのような方にはお会いできなかったかも……。『素敵だな』と思う方に会うチャンスを自分で狭めてしまうんだ、もっともっと大事なことがきっとあるんだろう、と気がついたんです!」

ということで、さっそくご希望条件の変更となったわけです。しかもこういうお話し、決して少なくないんですよー。


【自分をもう一度知ることなのかも……】

というわけで、2回に渡りお話しさせていただいた「お相手の希望条件」、いかがでしたでしょうか?

なんとなくお感じいただけたかと思いますが、お相手探しを通じて実はご自身の希望条件を知る、つまり「自分をもう一度知る」ことだったりするわけですね。

そのようにして自分自身を見つめなおしたうえで、新しいパートナーと新しい道を進む。そんなふうにできると、その活動はきっと意味深いものになるのだと思います。

お相手というのは「自分自身を映し出す鏡」なのかもしれませんね!


それでは、明日のあなたに向かって猿が渋柿を投げつけ、それに怒った栗と臼と蜂が大喧嘩を起こしたりしませんように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、オーネット スーペリアの真心ナカノでした。