読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

60歳女性の恋活事情 in イスラエル!

f:id:superior-magokoro:20141211194342j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

12月も中盤にさしかかり、街はきれいなイルミネーションやクリスマスソングのBGMが聞こえてくる時期になってきました。そんな季節はいくつになっても、なんだかワクワクしてきますよね!

そんなワクワクなナカノではございますが、今日はいつもとちょっと趣向を変えて、映画のご紹介をしたいと思います!

 

f:id:superior-magokoro:20141211194416j:plain

私の恋活ダイアリー』という、イスラエルの女性監督によるドキュメンタリー映画なんですが、そもそもなんでこのブログでご紹介することになったのか? からいきますね。


【きっかけは突然に】

それはスーペリア広報担当Rへの1本の電話から始まりました。

「実はこの度、イスラエルのドキュメンタリー映画を公開するのですが、それが60歳の女性監督による恋人探しの映画でして。それで、スーペリア様となにか一緒にできないかと思いまして……」

なんでもあとでお聞きしたところ、配給会社さんがイスラエル大使館にこの映画の件で訪問された際に、なんと大使館の方からスーペリアを紹介されてその存在を知ったとか。ひえー! スーペリアは国境を越えて認知され始めたのでしょうか??

とりあえず資料を送っていただくとともに予告編を拝見したところ、ちょっとセクシーでとてもチャーミング、ウィットを交えながら、前向きにアクティブに恋活に励む監督のお姿。なんとも楽しそうな映画じゃあーりませんか!(またまた古いね)

「うーむ、シニア世代の恋愛、イスラエルも日本もその想いは同じだし、これってまさにスーペリアがいつも言ってる“楽しみながらお相手探し”ってことじゃない!?」

すかさずタイアップについて社内の了承を取り付け、先日ナカノも試写会へ行ってまいりました。


【クスクス笑いが止まらない】

あまりくわしくストーリーを書くとネタバレになってしまうので、そうならない程度にご紹介したいと思います。

映画は監督かつ主演であるニリ・タルさんという60歳のイスラエル人女性が、「いま何かが足りない……。そう、人生を共に分かち合うパートナーだ!」と気づき、恋活サイトにさっそく登録。“未来への扉”を開く理想のパートナー探しを描く、「新感覚の女性応援ドキュメンタリー」となっています。

ドキュメンタリーといっても重苦しい感じは全然なく、随所にウィットやユーモアがちりばめられています。まず笑わせてくれたのが、映画のタイトル。邦題は『私の恋活ダイアリー』ですが、原題は英語で

"Sixty and the City"

そう、どこかで聞いたような響きですよね(笑)。試写会場では冒頭からクスクスと笑い声が聞こえてきて、まさに「ツカミはオッケー!」って雰囲気でしたよ。他にも、ニリ監督の飾らない正直な語り口や、さまざまな登場人物のふるまいなど、何度もクスクス笑いが続く展開に(大声で笑う感じではないのが、この映画のミソかも)。


【リアリティあふれる映像に感心しきり】

映画ではニリのパートナー候補として、数名の男性が登場するのですが、ナカノが一番驚き、感心したのが、映画に出演することを了承した男性がこれだけいたということ。

当然のことながら、相当数の男性に出演を断られているとニリは語っていますが、それにしても本当によく出演してくれたなー、とずっと思ってました。そしてこの男性たちが、映画を盛り上げてくれるのです。

ニリが撮影するリアリティあふれる映像、そのなかに収められた個性的な男性たちの姿は、本当に時間を忘れさせ、ナカノは終始見入ってしまったほど!

急にカラオケを歌い出すセクシーなダンディ、英語を流暢に話すフランス人男性、マッチョだが優柔不断な元重量挙げ選手、などなど個性的な男性たちは見るものを飽きさせません(笑)。


【女ゴコロと男ゴコロは世界に通じる?】

実はナカノは、イスラエル映画というものを初めて見ました。正直、イスラエルという国をくわしく知っているわけではもなく、実際の恋愛事情などももちろん知りませんでした。

この映画を見ると、かなりオープンな恋愛文化なのかなって感じですね。ニリも「同じ男性と結婚・離婚を3回繰り返す」とありますから、このあたりはさすがに日本とはかなり違うなーという気がします。

でも、映画で展開されるニリと男性たちの、女ゴコロと男ゴコロの交わりは、文化の違いこそあれ、あまり変わらないようにも思いました。ドキドキしてみたり、とまどってみたり、燃えあがってみたり、迷ってみたり、そのあたりはすごーく共感できましたねえ。

またニリをはじめとする出演者の男女が交わす心情の吐露がよかったんですよね。若い頃とはいろんなことが違うなかで、思わず口をついて出てくるその言葉は、さすがドキュメンタリーだけあって、飾り気なく、でも人生の積み重ねを感じさせて、胸を打つものがありましたよ。

クスクス笑いのなかの、でもそんな微妙なココロの動きや、素敵な言葉たちを、ぜひ映画館に行って見てほしいなあ、と思います。


【映画館へ急げ!】

そんなユーモア溢れる、ちょっと切なさもありながらも心温まる映画『私の恋活ダイアリー』。「これから新しいパートナーが欲しいなあ」と思っているスーペリア世代のみなさんはもちろん、若い方たちだってきっと楽しめると思いますよ!

公開は2014年12/20(土)より、東京の「ヒューマントラストシネマ有楽町」にて。その後も名古屋、大阪など全国で順次ロードショー公開されます(くわしくはコチラ)。

 

さらに! 公開初日の12/20(土)、初回上映(10:10~)では、ニリ監督による舞台挨拶があるとのこと! 自身の恋活を記録し、映画として完成させたオープンマインドな彼女に会いに、みなさんぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!


それでは、明日のあなたがたまたま座った電車の座席が、冷えた身体を芯から暖めてくれますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------