読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

巨匠アラン・レネ監督が描く、スーペリア世代の人間ドラマ!

シニアにまつわるエトセトラ

f:id:superior-magokoro:20150212193721j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

2月に入り、最近では東京でも雪の日がちらほら。まだまだ寒い日が続きますが、春は確実に近づいているはず。そんなことを考えながら、ナカノは日々の仕事に励んでおります。


さて、以前にこのブログで映画「私の恋活ダイアリー」のご紹介をさせていただきましたが、またまたスーペリア世代の恋心を描いた映画をご紹介したいと思います。

フランスの巨匠アラン・レネ監督。昨年多くのファンに惜しまれながら、91歳(!)でこの世を去りましたが、その遺作となったのが、今回ご紹介する

愛して飲んで歌って

です。

f:id:superior-magokoro:20150212190127j:plain

© 2013 F COMME FILM – FRANCE 2 CINÉMA – SOLIVAGUS

 


アラン・レネ監督といえば】

と、エラそうに書きましたが、ナカノは映画に関しては実は相当のシロウト。スーペリア広報担当のRに「アラン・レネって有名?」って聞いて、「ナカノさん、なに言ってるんですか! フランス映画界の巨匠ですよっ!」って叱られてしまったくらいです……。

で、調べました。アラン・レネ、どんな人? 代表作は?

ありました、ありました、

夜と霧

これ、高校時代に社会科の授業で見ましたよ(今思うと、授業でこれを教材として使った先生もすごかったと思いますが……)。ホロコーストの悲劇をドキュメンタリーとして描いた作品で、アラン・レネ監督を世界的に有名にした作品です。

その後、レネ監督は数々の名作を生み出しますが、近年ではコメディー作品も多く手がけ、この「愛して飲んで歌って」もそんなテイストの作品となってます。

 

では今回もネタバレしない程度に、本作品のご紹介を。

友人ジョルジュの余命がわずかなことを知った3組のシニア夫婦が繰り広げる人間ドラマ、恋愛ドラマなんですが、歳を重ねた夫婦たちならではの微妙なココロの動きが、なんともいえない味わいなんですねえ。


【シロウトなりの不思議な感覚】

くわしいストーリーは公式ホームページ、そして映画本編にお任せするとして、シロウトナカノが映画を見て感じた「なんだか不思議な感じ、これがレネ監督が描く世界なのか??」と感じたこの作品の特徴をふたつお話したいと思います。

まず映画の最初からちょっと面食らったのが、フランス映画なのに舞台はイギリス、ヨークシャー州郊外、でも出演者は全員フランス人で当然フランス語、んんん??? 最初はちょっと不思議な感じです。でもこれって、劇団四季が日本語でさまざまなミュージカルやりますけど、これとおんなじなのかな?(シロウト感全開……)

そしてふたつめなんですけど、人物が登場するシーンは演劇の「舞台」のようなセットになっています。垂れ下がった「書割」(これがカラフルできれい!)の隙間から登場人物が入退場するさまは、映画で芝居を見ているような感じで、とっても新鮮です!!

「背景」が書割として単純化されている分、人物たちの「会話」が際立つような効果もあるんだろうなーなんて思ったり、ちょっとコミックのような感じがコメディっぽさを強調しているのかな、なんて思ったり(もっともらしいこともちょっと言ってみましたよ 笑)。


【陽気でチャーミングな、シニア世代ならではの恋愛コメディ】

ストーリーは夫婦たちの共通の友人ジョルジュを中心に進んでいくのですが、三人の妻たちはそれぞれジョルジュとなにやらワケありで(ジョルジュ、どれだけモテるんだよ! 笑)、そんな妻たちと、それに振り回されてあたふたする夫たちがなんとも対照的。

でもそこはさすがアラン・レネ監督、ときおりクスッとさせる会話と演出、で3組の夫婦の関係を描いていきます。このそれぞれの夫婦の関係がシニア世代、スーペリア世代ならではで、お互いに歳と人生を重ねてきた夫婦ならではの、なんともいえない味わいがあるんですね。

ナカノはふだん会員様とお付き合いさせていただいているので、余計にそう感じるのかもしれません。でもこういう人間ドラマは若い人たちよりも、やっぱりスーペリア世代のみなさまのほうが、2倍も3倍も楽しめるんじゃないかと思いますよー(笑)。

あー、この3組のシニア夫婦についてもっとあれこれ書きたい! んですけど、ネタばれになっちゃう! ので、ぜひ実際にご覧になってみてくださいね!


【マニアも喜ぶ岩波ホール

そんな、ちょっと不思議な感覚を持ちながらも、登場人物のココロの揺れ動きがとってもよく表現された、映画「愛して飲んで歌って」。アート感覚あふれるこの映画にふさわしい、東京は神保町「岩波ホール」で今週末の2/14(土)から公開、その後も全国各地でロードショーされます。

スーペリア新宿支社にもチラシを置いてありますので、ぜひ足をお運びください!


それでは、明日のあなたが寒さに震えつつ乗り込んだタクシーの車内が、ポッカポカでありますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------