中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

やさしい気持ちがハーモニーを奏でます

f:id:superior-magokoro:20160825141652j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

先週の記事でもお話しましたが、「リオデジャネイロオリンピック」とうとう終わってしまいましたね。数多く繰り広げられた熱戦……(感涙)。皆さんが一番印象に残っているのはどのシーンでしょうか?

そして夏の高校野球も閉幕。まだまだ暑い日が続いていますが、こうして少しずつ夏の終わりは近づいてきます。そんな季節になると思い出す歌、なんと言ってもこれですねー。

井上陽水・安全地帯 「夏の終わりのハーモニー」

過ぎ去る夏の寂しさをストレートに感じさせてくれるこの曲。美しいメロディーに乗せられる素敵な歌詞、ふたりのビッグアーティストによって生み出されるハーモニー、ナカノ大好きです! カラオケでもかなり定番として歌ってますよー。ナカノも一緒にデュエットしてくれる井上陽水を随時募集中ですよ~(笑)。

さあ、皆さんもスーペリアでパートナーを見つけて、素敵なハーモニーを重ねていただこうではあーりませんか!(また出たー!)


【お互いを意識して】

さて、今日の本題に入ってまいりましょう。そんな過ぎ行く夏(まだまだアツいですけど)に、ふたりで作るハーモニー。その音色はとっても美しいですよね。カラオケでデュエットをされた方などはお分かりかもしれませんが、自分のことばかりを考えず、お互いのパートを意識しながら歌うと、より素敵な音色が生み出されます。ということで、今週もお約束のパートナー探しのお話に流れてまいります(笑)。

パートナーとはいえども、生まれてからここまで生きてきた環境が違えば、考え方などは違って当たり前。「ひと目会ったその日から~!」(古っ!)のノリで、何もかもがバッチリ進めばそりゃあラクですが、そんな簡単なものではありませんよね。

結局のところパートナー探しは「お互いの共通点を見つけ、相違点を認め合う」ことなのではないでしょうか。その作業を積み重ねることで、おふたりだけの素敵な世界がやってくるように思います。


【認め合い、歩み寄る】

以前にこんなカップルをご紹介させていただきましたが、このおふたりはまさに「相違点を認め合い、乗り越える」ことを端的に示してくれたカップルでした。

一番の「相違点」はおふたりの「パートナー観」だったんですよね。死別からさほど時間が経っていない男性会員J太さんと、できれば早い結婚を望んでいたK乃さん。お二人が主張しあうだけではいつまで経っても着地点が見出せない……。

距離が縮まれば縮まるほど、際立つおふたりの個性。だからこそ、ふたりが向かい合って、相違点を認め合いながら「歩み寄り」をすることで、めでたくご退会と相成ったわけです。お互いが信頼しあっているからこそ、つかんだ幸せでした。


【それはやさしい思いやり】

ふだん生活をしていると、人は少なからず他の人と何らかの関わりを持ちます。仕事だってそうですよね。ナカノだって仕事をしていれば、意見の相違があって、けっこうアツい議論になったりします。でもそこにとどまっていては何にも進まない。だからこそ、相手が何を考え、一致点は何か? 相違点は何か? を考えながら、ひとつひとつステップを踏んでいくしかありません。

パートナー探しにおいて、お相手と理解を深めるには避けて通れないこの道。しかしながら恐れることはないと思います。相手のことをやさしい気持ちで気遣い、思いやることで、きっと道は自然と開けてくるはずです。

困ったときは私たちアドバイザーがいます。「アドバイス」と偉そうに申し上げるつもりはありませんが、私たちにお話しいただくだけでも、気持ちの整理ができたり、お悩み解決のヒントがあったりするかも(実際にそういうケースも多いのです)。私たちはそんなやさしいアドバイザーサポートを何とか実現したいと思い、日々仕事に取り組んでおります。

ご興味をお持ちいただいたら、ぜひ一度ご相談にいらっしゃってくださいね!


それでは、明日のあなたの耳に、過ぎ去る夏を惜しむかのように、遠くのどこかで響く夜祭りの笛太鼓が届きますように! 中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------