読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

ふたりは恋の名バッテリー

シニアの恋愛 十人十色

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

さて11月に入りまして、晩秋というよりは冬の気配を少しずつ感じる寒さになってまいりました。この時期は風邪を引きやすいですから、体調管理に気をつけて、過ごしていただきたいと思います。

 

話は変わりますが、ナカノもとうとう買いましたよ! ジャジャーーン!!

f:id:superior-magokoro:20161110115647j:plain

ひとり用土鍋にカセットコンロ! これでひとり鍋はバッチリ!! 適当に具材を入れて煮込めば美味しいお鍋が出来上がり~♪ 心も体もホットにですよん!!


【ホットといえば!】

さてホットといえば、最近こんなニュースがございましたよねー。

 

69歳猪瀬直樹・元東京都知事が女優と「週末婚」

 

スーペリア世代の恋愛に関しては、いつもアンテナをピキーンと張ってるワタクシ、猪瀬氏のアツいラブアタックはとても情熱的に感じましたよー。

ふむふむ、なるほどーとこのニュースに注目していたところ、ある記事にこんなふうな主旨の文面があったんですね。

「マスコミがこういうニュースの際に必ず使う『熱愛』という言葉に違和感を感じる人もいる。この世代の恋愛に適しているのかどうか……?」

ええ? 「熱愛」という言葉が中高年世代の恋愛には適していない?? むしろそちらに違和感だなー、ワタクシは(笑)。


【熱量はすごいんです】

ふだんからスーペリア世代の出会いのお手伝いをしている私たち。たくさんの皆さんの「恋愛模様」を目のあたりにしております。スーペリアもサービススタートから約3年半、本当にたくさんのカップルが誕生してきました。

そんなカップルの皆さんのお話を伺うたびに思うのは、「中高年世代だからこそ、発する熱量はとても大きく、アツく燃えている!」ということ。若い方々のようにキャッキャウフフとはしゃぐわけではないのですが(笑)、内に秘めたその人を思う恋心は、氷なんかすぐに溶かしてしまう!! そのくらい熱いんです。

ナカノはこのお仕事に携わらせていただいてから、このことを強く感じるようになりました。


【表現はイロイロ】

スーペリア世代の皆さんにお話を伺っていると、カップルになるきっかけというのは、やはり男性サイドからの手を替え品を替えの猛プッシュ(笑)ということが多いんです。そんなおふたりの恋の発展を伺っているなかで、男性からよく聞こえてくる話があるんですね。

「僕たちは歳を重ねることで、まだまだ先とはいえ、人生の中で残された時間は確実に短くなっていくわけです。そのことを思うと、立ち止まったり、迷ったりする時間はなんともモッタイナイという気持ちになるんです」

「だから、『いい』と思ったお相手には、断られるかもしれないけど果敢にアタックしないと前に進まない。変化球なしの直球勝負ですよ(笑)」

表現はイロイロですけど、男性のそのストレートで熱い想いは絶対にワカイモンには負けてないです。その気持ちに呼応するかのように女性会員さまも熱い想いを全力で受け止め、ふたりは恋に落ちます。野球で言えば、150キロの剛速球ピッチャーと、それをしっかり受け止めるキャッチャーが、がっちり肩を組んで名バッテリーになる! みたいなものでしょうか(そういえばキャッチャーのことを「女房役」っていったりしますよね)。

こんなおふたりを「熱愛」と言わずして、なんというのでしょーか!!


【恋の名バッテリーを組みましょう】

「熱愛」と表現すると、ちょっと気恥ずかしいように感じるかもしれません。でも今日お話させていただいたように、その熱い想いがおふたりの距離を縮め、お互いの信頼感を醸成し、ふたりの残りの人生にとってかけがえのない存在になるわけです。

ぜひ皆さまにもスーペリアにご入会をいただき、そんなアツい想いを共有できるお相手と素敵なバッテリーを組んでいただきたいと思います。さあ、今すぐ資料請求を!(笑)


それでは、明日のあなたが作った水炊きが、アッツアツのウマウマでありますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------