読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

見えないからこそ、お相手を想って

f:id:superior-magokoro:20170223222209j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

さて2月も下旬になりました。今月は28日しかないので、やっぱり短く感じるのはワタクシだけでしょうか?? 日中は暖かく感じる日も少しずつ増えてまいりましたね。「三寒四温」などといわれるこの季節、昼の暖かさに油断すると、夜の寒さにやられてしまうことがありますから、お洋服の調節をこまめにしてくださいね!

春ももう少し、がんばってまいりましょう!


【ご相談がありました】

さて、今日は以前の投稿の振り返りから始めてみたいと想います。
以前にこんな記事を書かせていただきました。

このなかで「2.メールは丁寧に」というくだりがありました。いまではメールに限らずいろいろなコミュニケーションツールが発達し、ツイッターやフェイスブックなんかはかなり定番となりつつありますよね。(宣伝になりますけど、楽天グループのこちらのサービスをぜひ使ってみてくださいね! オーネットでは社内連絡でも活用していますよ!!)

それ以外にも本当にいろんなサービスやツールが次から次へと登場してきています。でもその分(?)実際のコミュニケーションがむずかしくなっているところもあります。「炎上」なんて言葉をふつうに聞くようになったのもここ数年かと思います。

先日、ある女性会員さまからこのSNSについてのご相談を受けました。男性会員さまとお会いになったあとのやり取りで少し戸惑っていらっしゃるとのこと。男性会員さまのほうがちょっと積極的すぎるというか、それに対して女性会員様のお気持ちが追いついていかない感じ……。

これが実際に顔を合わせてのお話ならば、やり取りがあることでいろいろと理解も深まるのでしょうが、それがSNSの文字だけだと、真意がイマイチ伝わりづらいこともあったりするんですね。女性会員さまはいろいろとお考えになられたうえで、今回はお相手男性に「ごめんなさい」をすることを選択されました。

このお話をお聞きしてナカノはあらためて強く感じました。「やっぱり直接お会いしない文字のやり取りには特有のむずかしさがあるなー」と。


【あえて失敗例を】

パートナー探しをおこなううえで、「コミュニケーション」が大事なことは当ブログでもたびたび取り上げてまいりました(これとか)。お互いの想いをスムーズにお伝えし、それを積み重ねていくことが、おふたりでおめでたくご退会、というゴールにつながっていきます。ご紹介しているカップルのみなさまのストーリーでも、おふたりで交わした言葉がその想いを強めていくことをお感じいただけるかと思います。

直接のやり取りであれば、お相手の反応を見ながら会話ができますからスムーズなわけですが、メールやSNSはそこがむずかしい。昔の紙のお手紙であれば手間がかかる分「推敲」しながら文章を書くことができますが、パソコンやスマホの普及により、書く(というか「打つ」のほうが正しい表現ですね)ことがどんどん気軽にできるようになってきていますから、筆が滑る(「指」が滑る)ということになりがちです。

あえてよくない例をご紹介いたしますが、たとえば深夜早朝のご連絡などはよく聞く例です。お相手とご本人の「生活リズム」は必ずしも一緒ではありませんし、お相手が携帯電話を「マナーモード」にしているとは限らないです。そんななかでちょっと時間が遅すぎたり、早すぎたりするメールなどは、あまり良い印象を与えないように思います。

また文章の内容もそうです。いきなり妙に砕けた文体だったり、逆に丁寧すぎることで慇懃無礼な印象を与えてしまうことなども……。ご自身には悪意がないからこそ、むずかしい部分があったりするわけですよね……。


【とにかく「お相手スタンダード」で!】

大切なのは、とにかく「受け手側がどう感じるか?」を常に意識しながら、メールやSNSを使うことだと思います。大事なのは直接お会いしたときですから、メールやSNSは補助的に使うぐらいの感覚で、あまり余計なことをお話しないくらいに考えておいていいと思います。そしてまずは直接会ってみる。一度顔を合わせれば、メールやSNSのやり取りも少しこなれてくるでしょうから、焦らないこと。むずかしいことは分かっています、かくいうナカノもどちらかというと「前のめり系」ですから(笑)。

我慢するのはツライー! とはやる気持ちをグッとこらえて、メールやSNSではご自身をクールなくらいに演じてみるレベルでちょうどいいかもしれません。実際にお会いしたときに、実物との「ギャップ」がポジティブな意味での驚きを与えてくれるはずですよー!

最終的なゴールは「パートナーを見つけること」。そこに向かって、ひとつずつ積み木を積み上げるように、コミュニケーションを重ねながら活動をしていきましょう。「なかなかむずかしいもんだなあ……」とお感じの方はご安心ください! アドバイザーがしっかりとあなたをサポートさせていただきます。ぜひご相談くださいねー!


それでは、明日のあなたの頭の上に、春を先取りする梅の花が可憐に咲いていますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------