読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年の出会いを真心で応援する男のブログ

シニア専門の恋愛・結婚アドバイザーが、毎週木曜日の夜に真心込めて更新中!

会えない日々はつらいけど

シニアの恋愛 十人十色

f:id:superior-magokoro:20170313202805j:plain

中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノです。こんにちは。

さあ、いよいよ3月です。1年のなかで季節の移ろいを一番感じる月かもしれません(イヤン、ちょっとロマンチック! 笑)。明日は「ひなまつり」ですね。実はワタクシの出身の埼玉県は人形生産が昔から盛んな地域と言われております。そして埼玉県民の多くが一度は行ったことがあるであろう「鴻巣(こうのす)市」(クルマを運転される方ならお分かりですね)にはこーんな催しが!

イヤー、このひな壇には圧倒されそうですね! メイン会場では3月12日(日)まで展示されているようですので、お近くにお住まいの方はぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか? 柔らかな陽射しとともに、ちょっとした「小さな春」を見つけられそうですね♪


【またまたご相談がありました】

さて、今日は前回に引き続いて会員さまからのご相談をヒントに書いていきたいと思います。それは男性会員Aさまからの一本のお電話でした。

「ナカノさん、女性のお相手から紹介書で『お話しましょう』のお申し込みがあったんですよ。せっかくのお申し込みなんで、まずはぜひお会いしましょう! と『OK』の返事をしたんですよね」

オオッ、いいですねえ、その調子!!

「でもですね……」

あらら??

「お相手がここのところかなり忙しいらしく、ちょっと会えるのが先になりそうで、それまではメールでのやり取りが中心になりそうなんです」

なるほどー、ちょっと待ち遠しい状況ですねえ。


【本当なのかな??】

実はこの類のご相談・ご報告をいただくケースはけっこう多いんですね。お互いにお申し込みがOKになって連絡が取れるようになってみたものの、いろいろなご都合で顔合わせがなかなか実現しないようなケース、少なくないんです。

そしてこのようなご相談で合わせて多い質問が

「お相手は本当に会うお気持ちがあるんでしょうか??」

というもの。要はあまりお会いすることに前向きになれずに、だから「忙しい」ということで、タイミングを延ばそうとしているのではないか? ということなんですねー。あんまり後ろ向きなことを考えすぎるのもよくありませんが、「本当かな?」と心配になってしまうお気持ちはわかりますよね。「タテマエ」と「ホンネ」みたいな。

今回のAさまのケースは、おふたりのやり取りが続きそうなことを踏まえて、お相手女性の言葉どおり受け止めていいように思いましたので、ナカノはAさまに「継続して連絡を取り合いながら、一方で他の方ともお会いする機会を探していきましょう」というアドバイスをさせていただきました。
スーペリアでは、複数の方と並行して会うことはOKというルールになっています)

でもでもやっぱり、できれば早くお顔合わせをされるのが一番だと思いますねえ。


【時間は作るもの】

皆さまいろいろな性格の方がいらっしゃいます。フットワークが軽い方もいらっしゃれば、最初の一歩がなかなか踏み出せない慎重派の方も。とくに後者の場合、もしかしたら動けばすぐにお顔合わせが実現できるかもしれないのに、「忙しい」を理由に踏み出すことをためらっている方がたまにいらっしゃいます。

皆さまのパートナー探しを拝見していると、カップルになる方々は、最初の一歩が早いケースが多いように思います。ですので、「忙しくて、まだ会えてないんですよー」なんてお話を伺うと、「いろいろとご事情があるとは思いますが、とにかく1時間のお茶でいいから、会ってみましょうよ!」と必ずお伝えします。基本は「時間は作るもの」ということですね。

でも本当に「どーにもこーにも忙しいのお!」ということだってあると思います。たまにあるのが「お相手からお申し込みをいただいたけど、OKしても会う時間が取れないんで、お断りをしようと思うんですよね……」なんてお話。

ちょっと! ちょっとちょっとちょっと!! そーれはもったいないですから!!!

そんなときは「まずOKしてお相手に連絡してください。すぐにお会いができないのであれば、そのご事情をしっかりとお伝えすることが大事です」とお話しするようにしております。そして、コンスタントにご連絡を取り続けること。「忙しくてすみません。ぜひお会いしたいと思っています」というお気持ちを伝えることが大事です。


【大切なのは】

最近ご紹介したこのカップルは「忙しい」トークでお顔合わせまで少し時間がかかったケースでした。私たちアドバイザーとしては、本当はテンポよく進むことが一番だと思っているのですが、こういうこともやっぱりあります。

いろいろと思うところがあったり、ということもあるでしょう、でも大切なのは、もし何らかのご事情でお会いするまでに時間が空く場合は、お相手に対して敬意を払い、連絡を絶やさず、ちゃんとお会いしたいという気持ちがあることを伝えること。これだけでお相手からの印象はぐっとよくなりますから、ぜひそんな気持ちで活動に臨んでいただきたいと思います。きっとそこから素敵な「ご縁」が生まれるはずですよ!


それでは、明日のあなたの近くで五人囃子の笛太鼓が美しい音色を奏でますように。中高年のみなさまの出会いを真心で応援する男、楽天オーネット スーペリアの真心ナカノでした。


---------------------------------------------------------
▼スーペリアへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ!
http://onet.rakuten.co.jp/superior/
電話 0120-961-900 (午前10時~午後8時/年末年始を除く)
「ナカノ、待ってますぅ!!」
---------------------------------------------------------